カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

門脇綱生 / ニューエイジ・ミュージック・ディスクガイド (Book)

“ニューエイジ”の背景や思想を抑えた上でその功罪にしっかりと目配せした素晴らしきディスクガイド!

門脇綱生 / ニューエイジ・ミュージック・ディスクガイド (Book)

価格:

2,420円 (税込)

[ポイント還元 24ポイント~]
出版社:DU BOOKS:
発売年:2020年:
購入数:

在庫

○ (あり)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

かなり面白いです!“ニューエイジ・ミュージック”のディスクガイド!600もの音盤が紹介されているというのも最高ですが、“ニューエイジ”が産まれた背景や思想をしっかり抑えた上でその功罪にしっかりと目配せ/言及した書物となっている辺りも素晴らしいですね!細野晴臣、尾島由郎、スペンサー・ドランへのインタビューも収録されていて、かなり示唆に富んだ読み物となっていますよ!”ニューエイジ・ミュージック”が好きな人は勿論ですが、“ニューエイジ・ミュージック”の全体像をつかめる内容なので、これから聴く人にもオススメです!下記の詳細を是非ご確認ください!オススメ!

※こちらの商品のみをご購入に限り、クリックポスト、ネコポスでの発送が可能です。

【プレスリリース】
「ニューエイジ」を切り口に、
久石譲、細野晴臣の諸作から、
健康雑誌の付録に少女漫画のサントラといった語られなかった音盤までを紹介した、
画期的なディスクガイド。

インタヴュー:細野晴臣×岡田拓郎、尾島由郎 × Visible Cloaks、Chee Shimizu×Dubby
コラム:持田保(『INDUSTRIAL MUSIC』)、江村幸紀(EM Records)、ばるぼら、柴崎祐二、糸田屯、TOMC、動物豆知識bot

<おもな内容>
世界のニューエイジ(1975 - 2009)
日本のニューエイジ(1975 - 2009)
テン年代のニューエイジ(2010 - )
ルーツ・オブ・ニューエイジ( - 1974)
俗流アンビエント
森とニューエイジ
アニメ・サントラ / イメージ・アルバム

環境音楽のキーパーソン・細野晴臣インタビュー 聞き手:岡田拓郎
尾島由郎とスペンサー・ドラン(Visible Cloaks)が明かす、ニューエイジ・ミュージック・リバイバルの源泉 聞き手:とがのき一徳
Chee Shimizu×Dubby 対談~バレアリック・ハウスはニューエイジを発見する 聞き手:河村祐介
「ニューエイジ」・ミュージックの始祖を探して――江村幸紀
ニューエイジとは何か? その歴史と概要、そして音楽――持田保
電子音楽とヒーリングミュージック――柴崎祐二
ゲーム音楽と環境音楽、その交差点――糸田屯
「チル」と「ニューエイジ」の距離 オルタナティブR&B勃興とニューエイジ/アンビエント再評価の底流――TOMC
かくしてクラブ・シーンはニューエイジを再発見した――動物豆知識bot
ニューエイジ用語事典――ばるぼら

レヴュー執筆陣:
青木(ジョニー・リコ)、YZOX、今村優太、eminemsaiko、カルト、Ken Tajima、Colstrains、
柴崎祐二、素人シャブロル、セキグチサトル、ドンタコス、ののもとむむむ、
Buffalomckee、藤井友行、ブギーアイドル、ブランコレーベル、ダモ藤木、Yuki Koyama

ページトップへ