カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

津田貴司 / 風の人、木立の人 (Book)

津田貴司による15名のアーティストと職人へのインタビューをまとめた「読むドキュメンタリー映画」!

津田貴司 / 風の人、木立の人 (Book)

価格:

2,200円 (税込)

[ポイント還元 22ポイント~]
出版社:カンパニー社:
発売年:2020年:
購入数:

在庫

△ (わずか)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

素晴らしい本が出ました!hofliや星形の庭での活動で知られる音楽家/美術家、津田貴司が15名のアーティストと職人へのインタビューをまとめた素晴らしい書籍が刊行されました!“表現論であり生活文化や旅に関する思索でもある、言葉によるドキュメンタリー”とのことで、恐らく読み手に様々な種を蒔いてくれるのではないでしょうか!?是非!

「芸術」と「衣食住」をひとつながりにとらえる「読むドキュメンタリー映画」 ――対話の相手は、「つくりて」として個人で活動している人である。旅人の眼差しで暮らしを見つめ、暮らしの中に旅をしている、風の人であり、木立の人である――
(帯文より)


※当商品のみのご購入の場合に限りネコポスをご利用頂くことが出来ます。また、サイズの関係でメール便はご利用頂くことが出来ません。


『風の人、木立の人』
津田貴司 編著
B6判並製:256頁
ISBN:978-4-910065-02-1
デザイン:川本要

▼目次
まえがき
satomimagae:シンガーソングライター
城下浩伺:美術作家
essay――フィールドレコーディングについて
池田絵美:パン職人/Natural Bakery 日々舎
曽田耕:靴作家
井上陽子:コラージュ作家
essay――制作ノート2016
TAMARU:bass guitar soloist/sound constructor
坂本宰:影のパフォーマンス
essay――風の強い午後に
遠藤真紀子:菓子職人/くろねこかしや
清水恒輔:ベーシスト/mama!milk
essay――生まれたばかりの雲
郡司庸久・慶子:陶芸家
essay――檜原で狐に化かされた話
田口賢治:美術作家
柳沢英輔:フィールド録音作家/文化人類学者
essay――音は、ふたたび私の蝸牛へと舞い戻ってくる
金子遊:映像作家/批評家
巽勇太:美術家/白鷺美術
essay――静けさについて
大上流一:ギタリスト/即興演奏家
あとがき
解説(福島恵一)

ページトップへ