カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ユリシーズno.2(BOOK)

音楽を巡る瞬発力よりも思考力を鍛えるロック雑誌!

ユリシーズno.2(BOOK)

価格:

1,257円 (税込)

[ポイント還元 12ポイント~]
発行元:シンコーミュージック:
発売年:2010年:
購入数:

在庫

△ (わずか)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

今号も面白い!批評精神に富んだロック雑誌、『ユリシーズ』第二弾!今回も最高に面白い内容となっています!目玉は何と言ってもピエール・バルーのサラヴァ特集でしょうか!ピエール・バルーのインタビューや詳細なレーベルのディスコグラフィ(カラーでジャケット掲載!)に至るまでとにかく濃密で読み応え十分の記事がギッシリと詰まっています!それから、頭脳警察特集も素晴らしいですし、豪華執筆陣による2009年のベスト、パティ・スミス、ゴーゴル・ボーテロの記事など、とにかく面白い記事が目白押し!最高!


【内容紹介】ジプシー・パンクが世界を疾走る
同時代の最重要バンド、ゴーゴル・ボーデロのライヴをウクライナで見た 石田昌隆
Dream of Life with Patti Smith
我が生涯のアイドル、パティ・スミスに招かれて 石毛栄典
歌うことと踊ること──大野一雄のために
アントニー・ハガティ(アントニー&ザ・ジョンソンズ)、その表現の核心を語る 熊谷朋哉
特集
頭脳警察
インターナショナルな左翼と音楽の自由 パンタ・インタビュー 鈴木泉
パーカッションという自由 トシ・インタビュー
頭脳警察とヒューマニズムの諸問題 鈴木泉
「左翼」とは何か 四文字熟語をめぐって 河添剛
ディスコグラフィ 高沢正樹
特集
ベスト・アルバム2009
★外国人ミュージシャン・評論家、日本人ミュージシャン、読者が選ぶ10枚のアルバム
ノエル・アクショテ/デヴェンドラ・バンハート/ガイ・ブレークスリー/ニック・カストロ/マーシャル・クレンショウ/リオネル・デカネル/ジュディ・ダイブル/ミシェル・エステバン/イナラ・ジョージ/クライヴ・グレッグソン/デヴィッド・グラブス/ギヨーム・ラングル/アル・クーパー/エリオット・マーフィー/工藤冬里/直枝政広/ジム・オルーク/小山田圭吾/チャック・プロフェット/坂本慎太郎/オマール・ソーサ/ブリジット・セント・ジョン/マーク・スチュアート/スティーヴ・ウィン/ダミアン・ユース/松下慶太
★本誌執筆陣、評論家、作家が選ぶ20枚のアルバム 五十嵐正/磯部涼/大貫憲章/小川真一/河添剛/熊谷朋哉/サラーム海上/清水久靖/鈴木泉/平 治/高橋芳朗/中原昌也/南部真里/福島恵一/古川博一/松山晋也
特集
ポスト・ザ・ビートルズ 1970-2010
クロストーク
存在と時間 ビートルズの"現在" 大貫憲章×河添剛×清水久靖
あたかも水や空気のように……ビートルズ解散後四〇年──その不在と遍在 福島恵一
誰かがどこかで彼らの歌をうたっている ビートルズ・カバー雑感 柴田元幸
われわれは何を買わされているのか 新リマスターCDから考えるビートルズの「オーセンティシティ」 吉田寛
特集
サラヴァ・レコード
世界にただひとつのインディ・レーベル
サラヴァ讃 L'Improbable Ulysses 河添剛
地球を綱渡り──ピエール・バルーの終わらない旅 松山晋也
サラヴァの時代 ピエール・バルー、人生とインディの真髄を語る 河添剛
La Discotheque SARAVAH du pollen dont on s'est nourri... 世界の恐怖を前にして ブリジット・フォンテーヌとアレスキが語る ベルナール・ブラン 翻訳=河添剛
Who's Who(De qui parlez-vous?)サラヴァのアーティストたち 編集部
[ユリシーズ レ・ヴァリエテ]
●真理の紋章として現れた大いなる自由、活力、爆笑の魔術
●テレビをやめてみないか考 石毛栄典
● 今、こんな音楽をかけてどーするんだ 絲山秋子
●たったひとりの{多声楽|ポリフォニー} 星野太
●「直島銭湯『I LOVE 湯』」──死を経ず「極楽」に詣でる 朝吹真理子
●ブリュッセル、昼と夜の間で 熊谷朋哉
●オールドパンクとゴム長靴 ブレイディみかこ
●凍土にいるときゃ、ツンドラと呼ばれたの。 安田謙一
● HIP HOPとはなにか? 佐藤雄一
●唯一美しいと呼びうるツェッペリン写真集 河添剛
●最適なプレゼント 音楽を彩色する 河添剛
● 音楽活動30周年を迎えたイクエ・モリ 鈴木泉
●連載 DJ SUPERNATURALISM 大貫憲章
●連載 Check the Wardrobe 松井清

GALLERY
Devendra Banhart
Tokyo,February,2010
photographs by IZUMI SAITO

Greetings from ULYSSES

リゴドン 主張する「ギョーカイの張本人」
【第2回】佐久間達也(カラーフィールド社長)

DISC REVIEW
河添剛/平 治/清水久靖/松山晋也/サラーム海上 高橋芳朗/磯部涼/小川真一/五十嵐正/福島恵一
執筆者プロフィール 後記・奥付

ページトップへ